おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

スタッフのおすすめ

スタッフのおすすめ

陸に住む海月 がおすすめする本です。


啓文社全店のスタッフが不定期に更新する「スタッフおすすめ」コーナー。 最新書き込みから順次表示しています。

2021/12/10 更新

スタッフのおすすめ


啓文社本社

陸に住む海月

がおすすめする本です。


コミック

SPY×FAMILY 8

著者:遠藤 達哉

出版社:集英社

ショッピングサイト
SPY×FAMILY 8

祝!!2022年度 アニメ化決定。
うれしくて 舞踊る~♪

東西の間に鉄のカーテンが下りて十余年、隣り合う東国(オスタニア)と西国(ウェスタリス)の間には仮の平和が訪れていた。
西国の凄腕スパイ・黄昏(たそがれ)は、東国の政治家ドノバン・デズモンドと接触するために、デズモンドの息子が通う名門学校に養子を入学させる任務を命じられる。
養子を探して孤児院で他人の心を読める少女アーニャと出会う。アーニャにロイドは四苦八苦させられるが、なんとか筆記試験に合格。しかし次の面接試験に「両親」揃って来るよう指示されたため、ロイドは急いで妻役の女性を探しに奔走する。
その頃、ヨル・ブライアと出会う。彼女は公務員をするかたわら、いばら姫のコードネームで殺し屋をしていた。婚期の遅れを周囲に言われ、形式上の恋人を探していた。アーニャは、心を読む能力によってヨルが殺し屋であることを知り、好奇心からヨルが母親になってくれるよう仕向ける。恋人役を探していたヨルと、妻役を捜していたロイド、そして「わくわく」を求めるアーニャの利害が一致。3人は互いに素性を隠しつつ、即席の家族としての生活を始める。
心が読めるアーニャは、すべての秘密を知っているのが、ロイドもヨルも秘密を抱えている。そんな中でも、家族として一歩ずつ歩み始めている。

8巻~
任務で、ヨルは豪華客船に乗り込みマフィアの要人を護衛する事に!
ロイドとアーニャも旅行で同船している上、ヨルは裏の仕事に迷いが生じ始める。
ヨルのバトルシーンは、最高!!やっぱり強いが。心の迷いが。
アーニャは、母であるヨルを心配し助けたいが、ロイドにバレるのをどうにか阻止したい!!
そこで終わるの~
9巻はいつ出るの???待ち遠しいです。

おすすめの本一覧へ