おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

いつか読書をする人へ

いつか読書をする人へ

井上いつかがおすすめする本です。


啓文社スタッフ「井上いつか」による本のレビューです。井上いつかがお送りするコラム!
啓文社のスタッフであり、『本の虫』としても有名な「井上いつか」がオススメする本のコラムです。さて、今回はどんな本でしょう?

2011/07/19 更新

いつか読書をする人へ


井上いつかがおすすめする本です。


フィクション

ゴランノスポン

著者:町田 康

出版社:新潮社

ゴランノスポン

 踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損、損。


 なんて、みっともない、下らない、醜い、浅ましい・・・。
 わたしは、あんな風には絶対になりたくありません!!

 と、鼻息も荒く憤る、わたしも所詮は踊る阿呆を馬鹿にしているだけの、見る阿呆だったのだ、と町田康にはいつも暴かれてしまいます。


 あああ、恥ずかしい。
 いっそ踊っているほうがまだマシだったのに。

 これからどんな風に、今までのおすまし顔で生きていったらいいのでしょう。


 仕方がないので、夜中にケーキを自棄食い中です。(おいしい~☆)


 こんなにばっちり書いてくれて、とっても痛快。面白くて、悲しくて、困ってしまって、読んでいるとにやにやと不気味な顔になってしまう。

 けれども十代の頃のわたしなら、この本を読んでにやにや笑っていられたかしら?
 大人になるにつれ、羞恥心が少しづつすり減っているようでやばいなぁ・・・と思います。

 時々、町田康にビシィ!と、叱ってもらわなくては。



 
 

おすすめの本一覧へ