おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

いつか読書をする人へ

いつか読書をする人へ

井上いつかがおすすめする本です。


啓文社スタッフ「井上いつか」による本のレビューです。井上いつかがお送りするコラム!
啓文社のスタッフであり、『本の虫』としても有名な「井上いつか」がオススメする本のコラムです。さて、今回はどんな本でしょう?

2014/08/02 更新

いつか読書をする人へ


井上いつかがおすすめする本です。


フィクション

本屋さんのダイアナ

著者:柚木 麻子

本屋さんのダイアナ

『大穴』と、書いてダイアナというものすごい名前の女の子の物語。

それだけしか予備知識なくこの本を開きました。

今でこそ目立たないけれど、子供の頃はわたしも名前でからかわれてばかりでした。漢字で書け!とか、変な名前�・!と笑われてばかり。年配の方は何度伝えても正しく覚えてくれませんでした。いつき、りつこ、りか…呼び間違えられてばかり。ひらがななのに!

女の子に生まれて、その日々を生き抜くのは、実はかなり大変な事です。どんなにふわふわキラキラとしたように見える女の子たちも、その身と心に人には見せられないような戦いの後が残っています。

砂糖菓子なんかじゃないのに。


この本を読んで、ダイアナも、彩子も、彩子のママの貴子さんもわたしだ、と思いました。苦しくて、悲しくて、すごく嬉しい。

でも、ダイアナのママのティアラだけは、全然わたしがいませんでした。
女の子の人生をあんな風にサバイヴできるなんて。


齢30をちょっと過ぎたのに、わたしはまだ自分の足でちゃんと立ったことないんじゃないかな。いつも何かに寄りかかってる。

この物語に出てくる女の子たちと、好きな本の話をしてみたいなと思いました。特に彩子ちゃんと。

全年齢の女の子におすすめの、女の子として生き抜くための実用書です。

読んでいて、赤ペンで線を引きまくりたくなりま
した!

-----------------------
お買い求めはこちら。

お買い求めはこちら。

おすすめの本一覧へ