おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

いつか読書をする人へ

いつか読書をする人へ

井上いつかがおすすめする本です。


啓文社スタッフ「井上いつか」による本のレビューです。井上いつかがお送りするコラム!
啓文社のスタッフであり、『本の虫』としても有名な「井上いつか」がオススメする本のコラムです。さて、今回はどんな本でしょう?

2018/02/14 更新

いつか読書をする人へ


井上いつかがおすすめする本です。


フィクション

星の子

著者:今村 夏子

出版社:朝日新聞出版

星の子

 病弱に生まれた娘を救いたい一心で助けを求めた両親。

 そこへ差し出された手。

 未熟児で生まれ、原因不明の湿疹で、ただ泣き叫び苦しんでいた娘。

 ただそれだけの、ありきたりな生きる苦しみと、当たり前の親の愛情が、家族の形を少しずつ歪め、元いた場所から遠ざかっていく。
 自分達だけで必死に掴まり合いながら流されていく。

 「信じる」ということは、人間の善きところなはずなのに。
 「疑う」ことを放棄することはそんなに愚かで罪深いことなのでしょうか。

 彼らにとっての「普通のしあわせ」が読んでいるわたしの息を詰まらせ、どうしようもなく苦しくさせます。

 読んでいるのか、祈っているのかわからなくなる、何を願っているのか自分でもわからないけれど、とにかく願わずにはいられなくなる物語です。

おすすめの本一覧へ