おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

いつか読書をする人へ

いつか読書をする人へ

井上いつかがおすすめする本です。


啓文社スタッフ「井上いつか」による本のレビューです。井上いつかがお送りするコラム!
啓文社のスタッフであり、『本の虫』としても有名な「井上いつか」がオススメする本のコラムです。さて、今回はどんな本でしょう?

2020/08/22 更新

いつか読書をする人へ


井上いつかがおすすめする本です。


フィクション

どうぞ愛をお叫びください

著者:武田 綾乃

出版社:新潮社

どうぞ愛をお叫びください

 小学5年生は、テレビを見ない。
 もちろん、テレビはいつもオンになっている。そこに流れているのは、YouTube。

 なんなの?何がそんなに楽しいの?気になったものはとりあえず本で近寄る。わたしの必殺技です。活字になった奴はだいたい友達。

 
 男子高校生4人が、ゲーム実況でYouTubeに参戦する物語。
 幼馴染の織田に、唐突に『ユーチューバーやろうぜ!』と、誘われた松尾くん。
 バスケ部強面の坂上と、軽音楽部のイケメン夏目先輩とユーチューバーを始めることに。

 SNSやインターネット、動画配信サイト。様々なトラブルや事件が取りざたされています。
 それらをよく知らない大人たちが危険視するのもよくわかります。

 それでも、問題は山ほどあるとしても、インターネットが生まれて、SNSが進化して、遠くまで見られるようになったこと、自分のような人が他にもいるって気付くことができる、昔より多様性が少しづつ認められるようになったことはきっと彼らにとって良いことです。

 自分の思いを、世界に向かって叫ぶことができる。

 どうせ叫ぶなら、ヘイトじゃなくて、自分の好きなことがいい。

 私たちの頃よりずっと柔軟でいろんなことを受け入れられる松尾くんたちが大好きになりました。


 ゲーム実況大好きな小5男子が、小一時間で最後まで読み通していました。
 この量の小説を一気読みさせるなんて、やるな!YouTubeめ!!

 こんな青春小説もあるんだな~。
 こんな場所でも、これはかんっぺきに青春小説です!涼しい室内でゲームするシーンがほとんどだけど、汗と涙がほとばしる!青春がここにあります!

おすすめの本一覧へ