おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

スタッフのおすすめ

スタッフのおすすめ

三島政幸 がおすすめする本です。


2021/09/09 更新

スタッフのおすすめ


西条店

三島政幸

がおすすめする本です。


ノンフィクション

新本格ミステリを識るための一〇〇冊

著者:佳多山大地

出版社:星海社

ショッピングサイト
新本格ミステリを識るための一〇〇冊

現在、この「スタッフおすすめ」では、複数のスタッフが小説やノンフィクションから絵本に至るまで、様々なお薦め本を紹介しています。
それとは別に、個人で連載コラムを持っている人が3人います。
「Slow Books~ことばのあや~」のあやさん、「いつか読書をする人へ」のいつかさん、そして「本さえあれば、日日平安」の奥さん大好きNさんです。

実は私もかつて、このHP内に連載を持っていました。ペンネームを使ってましたが。
タイトルは「あなたも3分でミステリ通になれる(仮)」。
ミステリマニアを自認する私が、初心者向けにミステリ小説を紹介した連載でした。
ちなみに(仮)は仮タイトルではなく、京極夏彦さんの人気シリーズだった『どすこい(仮)』シリーズへのオマージュでした。
十数本のコラムを書いたと記憶していますが、すっかり放置して埋もれ、恐らくアーカイブも残ってないはず。個人的には、分かりやすくて面白い連載だったと自負しています。さすがに当時のままの原稿では情報が古いので、再録はできないですが。

最近、ミステリガイドとして素晴らしい本が出ました。佳多山大地さんの『新本格ミステリを識るための一〇〇冊』(星海社新書)です。
1987年に綾辻行人さんが『十角館の殺人』でデビューされたのが、いわゆる「新本格ミステリ」の始まり。そこから現在(2020年)まで、新本格ミステリというムーブメントを振り返り、エポックメイキングな100冊を詳しく紹介しています。本書紹介のミステリを読みつぶせば、あなたも新本格ミステリマニアの仲間入りです。

ちなみに100冊中、私が既読の作品は83作品でした。もっと読んでると思ったのに!

おすすめの本一覧へ