おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

Slow Books ~コトバのあや~

Slow Books ~コトバのあや~

高垣亜矢がおすすめする本です。


日本人が奏でる『コトバの音符』。言葉が織りなす模様“言葉の文(あや)”日本人が使う巧みなコトバ、本の中に見え隠れする「コトバのあや」
本をじっくりと読んでいると、その中に光る作者の巧みなテクニック。高垣亜矢さんの視点で捉えた“コトバのあや”を紹介します。

2015/07/22 更新

Slow Books ~コトバのあや~


高垣亜矢がおすすめする本です。


フィクション

くまとやまねこ

著者:湯本香樹実【文】・酒井駒子【絵】

出版社:河出書房新社

くまとやまねこ

「ある朝、くまはないていました。なかよしのことりが、しんでしまったのです。」

最初のこの一文と、酒井駒子さんのたしかな絵で、この本を読むには相当の覚悟がいるんだと感じさせられます。くまは自ら時を止め、その中でかなしいほどにことりの亡骸に寄り添うのですが…。死の意味と生きる意味—。どん底を見た人には必ず、新しい希望の朝がやってくると、信じさせてくれる本です。
------------------------
お買い求めはこちら。

お買い求めはこちら。

おすすめの本一覧へ