おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

Slow Books ~コトバのあや~

Slow Books ~コトバのあや~

高垣亜矢がおすすめする本です。


日本人が奏でる『コトバの音符』。言葉が織りなす模様“言葉の文(あや)”日本人が使う巧みなコトバ、本の中に見え隠れする「コトバのあや」
本をじっくりと読んでいると、その中に光る作者の巧みなテクニック。高垣亜矢さんの視点で捉えた“コトバのあや”を紹介します。

2009/02/20 更新

Slow Books ~コトバのあや~


高垣亜矢がおすすめする本です。


フィクション

戸村飯店青春100連発

著者:瀬尾まいこ

出版社:理論社

定価:1575円

戸村飯店青春100連発

 今年度の坪田譲治文学賞受賞作品(この賞の歴代受賞者は、江國香織、角田光代、重松清…というすごい顔ぶれ)。

『卵の緒』でデビュー。『幸福な食卓』『天国はまだ遠く』は映画化。メジャー作家であるのに、現役中学国語教師なのには驚かされます。

本作は、大阪の下町・中華料理店の高校生の兄弟が主人公。大事件がおこるわけではないけれど、日常の中で将来を考え、自分の足で人生を歩き出そうとする兄弟の姿にじんわり涙。

おすすめの本一覧へ