おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

Slow Books ~コトバのあや~

Slow Books ~コトバのあや~

高垣亜矢がおすすめする本です。


日本人が奏でる『コトバの音符』。言葉が織りなす模様“言葉の文(あや)”日本人が使う巧みなコトバ、本の中に見え隠れする「コトバのあや」
本をじっくりと読んでいると、その中に光る作者の巧みなテクニック。高垣亜矢さんの視点で捉えた“コトバのあや”を紹介します。

2010/10/03 更新

Slow Books ~コトバのあや~


高垣亜矢がおすすめする本です。


ノンフィクション

日々ごはん (12)

著者:高山なおみ

出版社:アノニマ・スタジオ

定価:1,365円

日々ごはん (12)

 料理家の著者がありのままの日々をつづる人気日記エッセイも、これにて最終巻。 飾らない毎夜の献立が楽しみだけれども、なんといっても、この日記からは、空の青さや、陽射しのあたたかさ、季節の匂いが伝わってくる。それがいちばんの魅力なのでしょう。そして忘れてはいけない、高山さんのご主人スイセイさんの様々な名言もお見逃しなく。ふたりで一緒に食べるごはん。その食卓の風景もほほえましい。

おすすめの本一覧へ