おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

Slow Books ~コトバのあや~

Slow Books ~コトバのあや~

高垣亜矢がおすすめする本です。


日本人が奏でる『コトバの音符』。言葉が織りなす模様“言葉の文(あや)”日本人が使う巧みなコトバ、本の中に見え隠れする「コトバのあや」
本をじっくりと読んでいると、その中に光る作者の巧みなテクニック。高垣亜矢さんの視点で捉えた“コトバのあや”を紹介します。

2010/11/23 更新

Slow Books ~コトバのあや~


高垣亜矢がおすすめする本です。


フィクション

ツリーハウス

著者:角田光代

出版社:文藝春秋

ツリーハウス

家族をめぐる物語を描き、家族の本質を追い求めていく角田さん。本作の舞台は、新宿“翡翠飯店”。満州から始まる三代にわたる物語。“すべての家族の床下には、戦争の記憶が眠っている―。”戦時下の市井の人々の生活、戦争を生き延びた人々のそれからの人生。人はどうして家族を作るのか。家族には最初からどっしりとした根っこがあるのか。その答えはどこに。それを導くために、著者は登場人物と共に時を超える旅に出たのでしょう。

おすすめの本一覧へ