おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

Slow Books ~コトバのあや~

Slow Books ~コトバのあや~

高垣亜矢がおすすめする本です。


日本人が奏でる『コトバの音符』。言葉が織りなす模様“言葉の文(あや)”日本人が使う巧みなコトバ、本の中に見え隠れする「コトバのあや」
本をじっくりと読んでいると、その中に光る作者の巧みなテクニック。高垣亜矢さんの視点で捉えた“コトバのあや”を紹介します。

2011/01/11 更新

Slow Books ~コトバのあや~


高垣亜矢がおすすめする本です。


文庫

ジーン・ワルツ

著者:海堂 尊

出版社:新潮社

定価:500円

ジーン・ワルツ

 2月、菅野美穂主演で映画化。
 帝華大学医学部の助教・曾根崎理恵は、不妊治療専門の産婦人科医。大学での研究のほか、クリニックで5人の妊婦を診ていた。年齢、境遇、各々が抱える深刻な事情。理恵は“冷徹な魔女(クール・ウィッチ)”と揶揄されていながらも、彼女らからの信頼は厚い。代理母という最大の難問に立ち向かい、生命の意味を問う。
 この世に生を受けること、それは人生最初で最大の奇跡なのかもしれない。

おすすめの本一覧へ