おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

Slow Books ~コトバのあや~

Slow Books ~コトバのあや~

高垣亜矢がおすすめする本です。


日本人が奏でる『コトバの音符』。言葉が織りなす模様“言葉の文(あや)”日本人が使う巧みなコトバ、本の中に見え隠れする「コトバのあや」
本をじっくりと読んでいると、その中に光る作者の巧みなテクニック。高垣亜矢さんの視点で捉えた“コトバのあや”を紹介します。

2011/02/02 更新

Slow Books ~コトバのあや~


高垣亜矢がおすすめする本です。


フィクション

流跡

著者:朝吹真理子

出版社:新潮社

定価:1,365円

流跡

『きことわ』で第144回芥川賞受賞。
本作は昨年9月に上梓されたデビュー作。ドゥマゴ文学賞を受賞し、この時すでに注目を集めていました。

闇夜の川で「よからぬもの」を運ぶ舟頭。雨あがりを家路につく会社員。波止場にたちつくし船を待つ女。定まらずに揺れつづける生のかたち。

小説というよりもこれは散文詩。ゆらりゆらりと揺れることばとこころ。どこへたどりつくのか。きっと誰かの心をひたひたにするのでしょう。

おすすめの本一覧へ