おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

Slow Books ~コトバのあや~

Slow Books ~コトバのあや~

高垣亜矢がおすすめする本です。


日本人が奏でる『コトバの音符』。言葉が織りなす模様“言葉の文(あや)”日本人が使う巧みなコトバ、本の中に見え隠れする「コトバのあや」
本をじっくりと読んでいると、その中に光る作者の巧みなテクニック。高垣亜矢さんの視点で捉えた“コトバのあや”を紹介します。

2012/04/06 更新

Slow Books ~コトバのあや~


高垣亜矢がおすすめする本です。


フィクション

晴天の迷いクジラ

著者:窪 美澄

出版社:新潮社

定価:1,575円

晴天の迷いクジラ

 山本周五郎賞受賞、本屋大賞2位、本の雑誌ベストテン1位と話題をさらった『ふがいない僕は空を見た』の著者の最新長編。

 年齢も立場も異なる3人—由人、野乃花、正子—は、各々事情を抱え心が壊れかけている。ある日遠くの海でクジラが座礁したというニュースが。「クジラを見に行ってから死ねばいいじゃないですか。」奇妙な提案から3人の珍道中が始まる―。

 作中、劇的な変化は起こらない。曇り空から差し込む淡くともあたたかな光のような変化がちょうど良いのかもしれない。
-----------------------------------
お買い求めはこちら。

お買い求めはこちら。

おすすめの本一覧へ