おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

Slow Books ~コトバのあや~

Slow Books ~コトバのあや~

高垣亜矢がおすすめする本です。


日本人が奏でる『コトバの音符』。言葉が織りなす模様“言葉の文(あや)”日本人が使う巧みなコトバ、本の中に見え隠れする「コトバのあや」
本をじっくりと読んでいると、その中に光る作者の巧みなテクニック。高垣亜矢さんの視点で捉えた“コトバのあや”を紹介します。

2012/07/31 更新

Slow Books ~コトバのあや~


高垣亜矢がおすすめする本です。


フィクション

最果てアーケード

著者:小川洋子

出版社:講談社

定価:1,575円

最果てアーケード

そこは世界で一番小さなアーケード。そこに相応しい品々が箱庭のようなショーウインドーに並ぶ。使用済みの絵葉書、義眼、ドアノブ、化石…。そのモノたちは皆、思い出をひそやかに抱えている。そしてそれを、愛するものを失った人々が買いにやってくる。作者のモノに対する敬意(もう簡単にモノとはいえないほどの)が創り出す美しい物語に、せつないくらい入り込んでしまう。「百科事典少女」は特におすすめ。本の重み、凛とした活字の正しさ、世界を知っていく喜び…を実感できます。
---------------------
お買い求めはこちら。

お買い求めはこちら。

おすすめの本一覧へ