おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

Slow Books ~コトバのあや~

Slow Books ~コトバのあや~

高垣亜矢がおすすめする本です。


日本人が奏でる『コトバの音符』。言葉が織りなす模様“言葉の文(あや)”日本人が使う巧みなコトバ、本の中に見え隠れする「コトバのあや」
本をじっくりと読んでいると、その中に光る作者の巧みなテクニック。高垣亜矢さんの視点で捉えた“コトバのあや”を紹介します。

2013/09/05 更新

Slow Books ~コトバのあや~


高垣亜矢がおすすめする本です。


フィクション

よだかの片想い

著者:島本理生

出版社:集英社

よだかの片想い

23歳にして恋愛経験がない理系大学院生アイコ。彼女の顔の左側には、生まれつき大きなアザがあった。からかわれて以来、人との関係を狭め、夢や希望を抱かなくなる。しかしそんな彼女の半生が本に取り上げられてから世界は一変。その本は映画化され、やがてアイコは、女性にモテる映画監督の飛坂に恋をするのだが―。初恋は、相当なハードルの高さ。はたしてこの恋は、本来の自分を引き出したり保ったりできるのか?
-------------------------
お買い求めはこちら。

お買い求めはこちら。

おすすめの本一覧へ