おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

Slow Books ~コトバのあや~

Slow Books ~コトバのあや~

高垣亜矢がおすすめする本です。


日本人が奏でる『コトバの音符』。言葉が織りなす模様“言葉の文(あや)”日本人が使う巧みなコトバ、本の中に見え隠れする「コトバのあや」
本をじっくりと読んでいると、その中に光る作者の巧みなテクニック。高垣亜矢さんの視点で捉えた“コトバのあや”を紹介します。

2014/02/26 更新

Slow Books ~コトバのあや~


高垣亜矢がおすすめする本です。


フィクション

約束の海

著者:山崎豊子

出版社:新潮社

約束の海

“この日本の海を、二度と戦場にしてはならぬ―。”

『大地の子』『白い巨塔』などで知られる山崎豊子さんは、本作を執筆中の昨年9月に88歳で逝去。未完の遺作に、結末までの構想メモがあることがわかり、編集部で注釈を入れながら粗筋をまとめ21ページ分のあとがきを収録。父と子の2世代を通し、「戦争をしないための軍隊」の存在を追求。

戦争の時代を生きた著者から、戦争を知らない世代に向けたメッセージを受け止めたい。

おすすめの本一覧へ