おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

Slow Books ~コトバのあや~

Slow Books ~コトバのあや~

高垣亜矢がおすすめする本です。


日本人が奏でる『コトバの音符』。言葉が織りなす模様“言葉の文(あや)”日本人が使う巧みなコトバ、本の中に見え隠れする「コトバのあや」
本をじっくりと読んでいると、その中に光る作者の巧みなテクニック。高垣亜矢さんの視点で捉えた“コトバのあや”を紹介します。

2014/04/22 更新

Slow Books ~コトバのあや~


高垣亜矢がおすすめする本です。


フィクション

太陽の棘

著者:原田マハ

出版社:文藝春秋

太陽の棘

「互いに、巡り合うとは夢にも思っていなかった」―舞台は終戦直後の沖縄。軍医として沖縄に派遣された若き医師エド・ウィルソン。休日のドライブ途中、迷い込んだのは“ニシムイ美術村”。そこでゴーギャンやセザンヌのごとく誇り高い沖縄の若き画家たちと出会い、運命は大きく動いていく。米軍医師の目を通して、画家たちとの交流が描かれる。芸術と友情、そしてオキナワ。実在する2枚の肖像画のまなざしに言葉を失う。
-----------------------
お買い求めはこちら。

お買い求めはこちら。

おすすめの本一覧へ