おすすめの本RECOMMEND

KEIBUNSHA

Slow Books ~コトバのあや~

Slow Books ~コトバのあや~

高垣亜矢がおすすめする本です。


日本人が奏でる『コトバの音符』。言葉が織りなす模様“言葉の文(あや)”日本人が使う巧みなコトバ、本の中に見え隠れする「コトバのあや」
本をじっくりと読んでいると、その中に光る作者の巧みなテクニック。高垣亜矢さんの視点で捉えた“コトバのあや”を紹介します。

2012/12/18 更新

Slow Books ~コトバのあや~


高垣亜矢がおすすめする本です。


フィクション

なでし子物語

著者:伊吹有喜

出版社:ポプラ社

なでし子物語

 ドラマ•映画にもなった『四十九日のレシピ』の著者が放つ、あたたかな感動に満ちた物語。
 時は1980年。撫子の咲く地で3人は出会った。居場所のない少女と少年。早くに夫を亡くし過去に生きる女。その3人の出会いが、それぞれの人生を少しずつ動かしはじめる―。“透明人間になりたい。どこかがちぎれたような気分にならないはず―”。
 ひとりの力は小さくても、寄り添えば気持ちは響き合う。やさしいメッセージを受け取って。
--------------------
お買い求めはこちら。

お買い求めはこちら。

おすすめの本一覧へ